【セミナーレポート】糸目慈樹さんによる「翻訳者のための正規表現講座」+佐々木松典さんによるWildLightのデモ

【セミナーレポート】糸目慈樹さんによる「翻訳者のための正規表現講座」+佐々木松典さんによるWildLightのデモ

みなさん、こんにちは。ランサムはな運営局です。 本日は、日本時間3月10日(日)に翻訳塾受講生/修了生・メルマガ読者様限定で開催した、糸目慈樹さんによる「翻訳者のための正規表現講座」と、糸目さんの講座の前座として、翻訳塾修了生でもある佐々木松典さんによる「Wi…
続きを読む
【ミニ翻訳チャレンジ】Provide  「提供する」以外でどう訳す?

【ミニ翻訳チャレンジ】Provide 「提供する」以外でどう訳す?

みなさん、こんにちは!ランサムはな運営局です🌸 みなさんはワンパターンな訳になってしまいがちな英単語ってありますか? 例えば、”Provide”。 つい「提供する」と訳してしまいがちですが、文章によっては不自然だったり、何より「それ以外に良い訳…
続きを読む
久々に、翻訳の話

久々に、翻訳の話

皆様、こんにちは! お元気でお過ごしですか? 日本に帰って来てほぼ1ヶ月・・・ おかげさまで、翻訳の仕事も順調にこなせています。 今年は、いろいろと新しいことに挑戦していたので・・・ 学校で教えている間は、時間的な制約もあって、あまりご要望にお応えすることがで…
続きを読む
【翻訳をする上で専門知識は必須か?】という記事を読んで

【翻訳をする上で専門知識は必須か?】という記事を読んで

皆様、こんにちは!ランサムはなです。 無事にアメリカに戻って来たんですが、今回は時差ボケから回復するのに時間がかかりました。 いつも思うのですが、日本に行くときの方が、逆行しないせいか?時差ボケからの回復に時間がかかりません。アメリカに戻って来るときの方が大変…
続きを読む
たかが名前、されど名前

たかが名前、されど名前

皆様、こんにちは!ランサムはなです。 お元気でお過ごしですか? アメリカはもうすぐハロウィーン、そして大統領選挙です(汗)(←2016年10月29日現在)。 どちらも怖いですねぇ~~~(怖)。 「怖い」と言えば、先日、お仕事でひやっとしたことがあったので、今日…
続きを読む

稼げる翻訳者になりたいなら・・・

皆様、こんにちは! お元気でお過ごしでしょうか? 私はおかげさまで体調も守られ(←カーブスのおかげ??)、元気にしております。 5月に会社を辞めてセミナー講師を目指すようになってから、人生が急展開(転回?)し始めた感じでございますよ。 フリーに戻ってからは、仕…
続きを読む

翻訳作業量に関してご質問をいただきました

皆様、こんにちは! 前回、翻訳仲間とのコラボについてブログを書いたところ、拙ブログを訪問してくださった後輩翻訳者様から、翻訳作業量についてご質問をいただきました。 前回のブログで、翻訳者の1日の作業量として、「1日2,500ワードが1つの目安」と書いたところ、…
続きを読む

翻訳仲間と最強のコラボ

皆様、こんにちは! ツイッターでは一足先にお知らせしたのですが、仲良くしていただいている翻訳仲間のYさんが、私たちがコラボした先日の大型案件の仕事について、ブログを書いてくださいました。 「働き盛りの女たち」という題ですので、ぜひご一読ください。 今回は、同じ…
続きを読む

タイムマネージメントのすすめ(4)メンタリティ編と総括

昨日はボケていたので、今日は気を取り直して、「タイムマネージメントのすすめ」の続きと総括をしたいと思います。 まずは、メンタリティ編から。 1. 苦手な仕事を先に片付けて、好きな仕事をご褒美にする 仕事と一口に言っても、自分が好きで苦にならないものもあれば、苦…
続きを読む

タイムマネージメントのすすめ(3)作業環境編

昨日からご紹介している、全米翻訳者協会のタイムマネージメントのオンラインセミナーで学んだことをご紹介するシリーズの続きです。 今日は「作業環境編」です。 1. 時間の使い方を洗い出してみる 自分の典型的な一日を振り返り、どのような時間の使い方をしているか、記録…
続きを読む

タイムマネージメントのすすめ(2)コミュニケーション編

昨日予告したとおり、今日は全米翻訳者協会主催のタイムマネージメントに関するオンラインセミナー(※1)で学んだことをいくつかご紹介したいと思います。 時間を有効活用して、作業効率をアップさせるには、どうすればいいのでしょうか。 今日はコミュニケーション編です。 …
続きを読む

字幕翻訳者・戸田奈津子さんの翻訳について考えたこと(5)(最終回)

これまで、戸田奈津子さんの翻訳について検証してきた。 誤訳・珍訳と呼ばれる翻訳の原因として、 (1)現地での経験(経験値)の少なさによる知識不足 (2)制作スタッフや視聴者との年齢差が広がったことによる感覚のずれ (3)新時代の到来に伴う変化への対応の遅れ (…
続きを読む

字幕翻訳者・戸田奈津子さんの翻訳について考えたこと(4)

戸田さんの誤訳・珍訳の検証を続ける。 戸田さんの誤訳の例としてよく挙げられる代表的作品に、「ロード・オブ・ザ・リング」と「フル・メタル・ジャケット」があることがわかった。 特に、「ロード・オブ・ザ・リング」は、全面的にやり直しになったと聞いている。 その他、「…
続きを読む

字幕翻訳者・戸田奈津子さんの翻訳について考えたこと(3)

戸田さんの誤訳にはどんなものがあるのか、具体例をちょっと調べてみた。 映画評論家の町山智宏さんが、戸田さんが「ma'am」を「マダム」ではなく、「お母さん」と訳している、と指摘しておられた。 ご存知の方もおられると思うが、「ma'am」(マァム)は男性が女性に…
続きを読む

字幕翻訳者・戸田奈津子さんの翻訳について考えたこと(2)

戸田さんの翻訳を見ていてつくづく感心するのは、全体の「雰囲気」をつかむのがうまいな~ということだ。 まずは作品を通して見て、細かいところよりも全体の流れや雰囲気をざっと把握して、その感覚を頼りに作業を進めておられるのではないだろうか(あくまで推測ですが)。 雰…
続きを読む