後輩翻訳者さんとの交流

dreamstime_l_31740761
LINEで送る
Pocket

皆様、こんにちは!ランサムはなです。

お久しぶりでございます。

カレンダーを見てぎょっとしました。

もう4月も後半なんですね!お元気でしたか?

私はおかげさまで、元気です。

生きてますよ~。

このところなぜか、大型案件のお仕事が目白押しです・・・。

ここ数年は結構、超大型案件の一部として、過去訳を流し込んだ虫食いみたいなファイルを渡され、パズルの穴埋めみたいな作業をすることが多かったのですが・・・

最近は丸々一冊全部を渡されて、「全部あなた一人で責任持ってね」みたいなのが増えて来ました(なんででしょうね)?

丸々一冊渡してもらえると、用語の統一も取りやすいし、そもそも何の製品かがよくわかる(苦笑)ので私としては歓迎ですが・・・

200ページを超えるマニュアルや、500個を超えるファイルをど~んと渡されると、肩にずっしりと石、というか岩が乗っかっている感じ。納品するまでず~っと気がかりです。

ムキになるタチなので、取り憑かれたように作業を進めるわけですが・・・。

トンネルをひたすら黙々と掘り続ける炭鉱作業員のような日々・・・。

すっかり「与作」♪の気分です(汗)。

つくづく翻訳って、地味な仕事ですねぇ。

辛いのは、著述業だと「疲れたからちょっと短く切り上げようかな」とか、原稿の長さを調節できると思うんですが、翻訳者の場合、原作が終わるまでは仕事が終わらない点です。

時々翻訳メモリで解析をかけて、「う~ん、まだ終わらない」「まだ終わらない」と独り言・・・。

気がつくと5分おきぐらいに解析をかけ直していて(汗)、解析ファイルのサイズが異常にでかくなっていたりします(涙)。

この点、オンとオフの切り替えがきっちりしている通訳者さんがうらやましいなぁと思います。

で、無我夢中で作業を進めていて、はっと気がつくと一ヶ月ぐらい経っていて、真っ青になってしまうわけで・・・。

まあ、ようやく一段落つき、トンネルを抜けて光が見えた思いです。ほっとしました。

こんな万年受験生みたいな生活をいつまでも続けるのは体にもよくないので、機会があればできるだけ外に出ようと心がけています。

仲間や知人にも「このままじゃひきこもりになっちゃうから、機会があったらランチに誘って!」と声をかけていたところ・・・。

先日、私のブログを見てくださったオースティン在住の後輩の英日翻訳者さんから「翻訳の勉強をしたいので話を聞かせてほしい」と連絡をいただき、先日、3人の新人翻訳者さんにお会いしていろいろ話をすることができました。

聞いてみると、こちら(アメリカ)で翻訳コースを修了されて、少しずつ翻訳の仕事をさせていただいているんだけれど、「まだまだ勉強を続けたいので、セミナーやワークショップなど開く予定はありませんか?」・・・とのことでした。

ある程度学んで、実践段階に入ったけれど、そこから一人前として独り立ちするまでの間、どのように翻訳者としてのキャリアを積み重ねて行くべきか?・・・というところで悩む方が多いみたいですね。

それで、私にお手伝いできることは何だろう?・・・と考え始めました。

トライアルの受け方とか認定試験のこととか、質問に答えているうちに、2時間の予定が気づいたら3時間もたっていて、どの程度お役に立てたかな、と思ったのですが・・・。

帰り際に1人の方が「すっっごいためになった!」とおっしゃってくださったので、少しでも力になれたのかな?・・・だといいなあ、と思っています。

私も駆け出しの頃は、先輩翻訳者に質問しまくりだったな~・・・と懐かしく思い出しました。

今回声をかけてくださって、交流が実現したきっかけとして、ブログを見て連絡を下さったということなので、細々とでもこのブログを続けて来てよかったな~と思った次第です。

仕事に埋没してしまうと、なかなか続けられなくなってしまいますが、これからも頑張って書いて行きたいと思います。

皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

SNSもここしばらくご無沙汰だったので、徐々に追いついて行きますね~。

そうそう、昨年から回答者としてお手伝いさせていただいているDMM英会話さんから、『英語のプロ300人に聞いた 日本人のための 絶妙な言い回しフレーズブック』が発売になりましたのでお知らせします。私の名前も巻末に載っているはずなんですが・・・。よろしければ店頭で見てみてください。

コメントを残す