英文法の勉強は必要か?

/ 翻訳者・著述家

今日は、ちょっとだけマジメな話をしますね。
翻訳者になる前に、英語/英会話学校の講師や日本語教師などをしていた関係で、時々英語の勉強法を聞かれる。
よく質問されるのが、「英文法の勉強なんて、必要ないんじゃないですか?」というもの。
そういう意見の持ち主は、「ネイティブスピーカーは英文法なんて勉強しない、だから日本人が英文法を勉強しても、英語なんてしゃべれるようにならないんじゃ?」と思っていることが多い。
そういう方たちは、大抵、自分は何年も英文法を勉強したけれども、英語をしゃべれるようにはならなかった、だから日本の英語教育は間違っていると主張します。
そして、しゃべれるようにならなかったのは子供のうちからネイティブスピーカーの講師に教えてもらわなかったからで、だから自分の子供には、英文法を排除して英会話を教えるべきだと思っています。
でも、結論から言うと、それは間違いです。
もちろん、ネイティブスピーカーに接することのメリットはたくさんあります。
外国人とじかに接することで、外国人も日本人も同じ人間なんだなと理解できる。
頭で理解するんじゃなく、その感覚を体で覚えます。
そうすると、英語を話す場面でも緊張しないので、英語が出てきやすくなる。
役者さんが場数を踏むと、舞台度胸がついてくるのにちょっと似ているかもしれません。
あとは、ネイティブスピーカーの発音を真似することで、発音がうまくなることもあります。
なので、ネイティブスピーカーの授業がダメと言っているわけではありません。
だけど、だからと言って英文法をおろそかにしてもいい、ということにはなりません。
う~ん、何と言えば、わかってもらえるかな・・・。
日本の英語制度は、たとえて言うと、自動車教習所に似ていると思います。
まず最初に教則本で理論を勉強する。
それから実技に入ります。
コースで練習をして、路上検定を受けます。
そして合格して、現場へと出て行く。
実際に運転を始めると、いろいろ標識が立っていたり、速度を守らなければならなかったり、いろいろ規則を守りながら運転しなければいけませんよね?
そんなときに、「ああ、あれは一方通行だな」とか、そういう規則を知っていないと大変なことになります。
その規則に相当するのが、「英文法」だと思います。
英文法なしで英語を習得しようとするのは、学科試験の勉強をせずに、実技試験だけで車を運転しようとするようなものです。
見よう見まねで一応エンジンをかけ、走らせたり、止めたりすることはできるかもしれません。
でも、細かい状況に対応できません。
標識の意味がわからなかったら、知らないうちに交通違反をしちゃうこともあるし、とっさの状況に対応する方法もわかりません。
英語も同じです。
英文法を知らなくても、簡単なことは身振り手振りで何とか意思疎通できるようにはなると思います。
挨拶をしたり、お店でコーラを買うぐらいはできるようになるでしょう。
でも、何かあったときに、対応できない。
深い話ができないので、話が進まないし、トラブルに巻き込まれたりしたときには立場が弱くなってしまうことも・・・。
相手にメンメンと何か言われても、まったくわからないとぽかーんとしてしまいますが、少しでも文法の知識があると、「ああ、これはこういう意味だったな」とつなぎあわせて、何とか意味を推測することができます。
だから文法は大切です。
わかり合いたいと思うときには特に・・・。
時々、「ネイティブスピーカーは文法なんて勉強しないから自分もいらない」という人がいますが、この理屈はおかしいです。
ネイティブスピーカーは生まれたときから、1日24時間、来る日も来る日もずーーっと英語漬けで、間違ったことを言っては親に直されるということを繰り返しながら文法を感覚的に身に着けて行きます。
でも、日本に住んでいたら、片親がネイティブスピーカーであるとか、インターナショナルスクールに通うとか、よっぽどの工夫をしないと、上のような環境に身を置くことはできません。
だから、その分を知識として勉強することによって、補ってあげるのです。
頭に入れておけば、現実に何か起きたときに、「どれどれ、何だったかな」と対応できます。
英文法を勉強したけどしゃべれるようにならなかったという人は、学科試験だけでやめちゃった人たちです。
そういうことを頭に入れて勉強すれば、つまらない英文法の授業もちょっとはガマンしやすくなるかもしれません。
何か長くなっちゃいましたね・・・(-_-;)
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
少しでもお役に立てれば、幸いです。

「英文法の勉強は必要か?」への 2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください