アメリカのスタバ

/ 翻訳者・著述家

スタバが大好きで、日本でもアメリカでも韓国でも、どこへ行ってもスタバを注文している。
私のお気に入りは、「ヘーゼルナッツ・モカ」。旭川のスタバの常連になって、仲良くなったバリスタさんが教えてくれた。モカにヘーゼルナッツ・シロップを加えたものだ。私はこれをさらに豆乳にしてもらって飲む。
どこの国へ行っても、「トール・ヘーゼルナッツ・ソイ・モカ」と言うだけで、バリスタが何人でどこの国の言葉を話す人であろうと、注文ができてしまうのは快感だな~と思う。スタバの世界だけ、特別な共通語があるかのようだ。
ところで、アメリカのスタバには会員登録制度があるのをご存知だろうか。
スタバに行くと、レジのところにクレジットカードみたいなカードが置いてある。このカードは一度買うと、何度でもお店やネットでチャージができる(Suicaみたいなチャージ専用の端末は見たことがないな)。スタバのサイトにアカウントを作って、自分のアカウントにこのカードをリンクさせると、自分の購入履歴がネットで追跡できるようになる。
一年以内に5回ドリンクを購入すると、グリーンステータスの会員となり、自分の誕生日には無料でドリンクがもらえる。ただし、1回にドリンクを2個買っても、1回分としてしかカウントしてもらえないので注意が必要だ。あくまでも個数ではなく購入回数でカウントされる。
30回購入すると、ゴールドステータスの会員になり、ゴールドカードが送られてくる。誕生日の無料ドリンクの他に、12回ドリンクを買うと、13回目は無料ドリンクがもらえる。その他にも、ゴールド会員だけの特典として、午後2時以降に焼き菓子を買うと、ダブルポイントがついたり、紅茶が半額で買えるようなキャンペーンの案内が来る。
私は、こういう特典があってもなくてもスタバに行っちゃう人なので、12回行くと13回目が無料ドリンク1個、など、リピーターが優遇される企画があるのは結構嬉しい。
他にも、店内で買うドリンクだけでなく、スーパーに売っているコーヒー豆のパッケージについているコードを入力して、ポイントを稼ぐこともできる。
クリスマス期間中、50ドル分を所定の期間中に使ったら、あとで10ドルのギフト券をあげます、というキャンペーンに参加して、むきになってほぼ毎日スタバに通っていたら、ゴールドステータスを達成してしまった。
日本のスタバも、こういうポイント制度を導入してくれると嬉しいんだけどな~。

「アメリカのスタバ」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください