SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)が終わって

IMG_1801
LINEで送る
Pocket

皆様、こんにちは!ランサムはなです。

先週は、地元オースティンでSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)が開催されていました。

SXSWって、聞いたことがない方も多いと思うので簡単に説明しますと、1987年にオースティンで始まって、今年で30周年目を迎えた映画・音楽・メディアの祭典です。毎年3月に開催されます。

始まった当時はインディーズ音楽の見本市って感じで、知る人ぞ知るマニアックなイベントだったのですが(入場料も30ドルとかそんな感じだった)、どんどん大きくなっています。

初年度の参加者は700人ぐらいだったんだけど、現在は参加者が5万人を超える巨大イベントになり、急成長を続けています。

1994年にフィルム部門とマルチメディア部門(後に「インタラクティブ部門」と名称変更)が新設されてから、大企業や有名人が続々参加するようになりました。

(名前の由来は映画「北北東に進路を取れ(North by Northwest)」をもじって「South by Southwest」と名付けられているそうです。)

特に2007年にインタラクティブ部門でTwitterが新興企業を対象とした「インタラクティブアワード」を受賞し、世界的にブレイクしてから、SXSWの知名度も一気に高まったようです。

昨年度はオバマ元大統領も登場し、今年は映画監督のリドリー・スコットが「エイリアン」の最新作を紹介するためにオースティン入りして注目を集めるなど、有名人が来ることでも知られています。その他今年はロン・ハワード監督も来ておられたようです。日本からはこんまりさんこと近藤麻理恵さんが登壇されました。

ただ、大物有名人が登壇する一方で、名もないスタートアップが堂々と肩を並べて自慢の作品を出品しているというところが、SXSWの大きな特徴だと思います。

就職説明会みたいな会場もあり、若くて優秀な才能と投資家・一流企業の出会いの場のような役割も果たしているようです。

そんなすごいイベントではあるのですが、「サウス・バイ・サウスウエスト」って、日本の方に言うと「何それ??」って反応がまだまだ多いと思います。

実はジモティーである私も、何を隠そうこれまでSXSWに顔を出したことがなかったのですが、今年は日本の友達がSXSWを見に来ることになったと連絡をいただき、急遽友達と一緒にダウンタウンに行ってみました。

行ってみたら、確かにすごい熱気!

メインのコンベンションセンター近辺の碁盤の目のようになっている通りが、何区画も閉鎖されていてホコ天状態で。そしてすごい人だかり!

Stripped」って番組を宣伝するために、最低限の下着だけ身に着けて半裸で通りを走り回る集団がいたり・・・。

コンベンションセンターの外の事務所スペースを借り切って、試作品を紹介しているパナソニックなどの展示もありました。

そして音楽の祭典らしく、夜は明け方まで街中にライブ演奏が流れていて・・・

なんというか、予算がたっぷりある大人の学校祭みたいな感じ。こんなのが9日間も続くんだからすごいです。

「盛りだくさんすぎて一口では報告できない」っておっしゃってた方がいらっしゃいましたが、まさにそんな感じだなと思いました。

今回初めて参加した友人も、「日本だと完璧に準備して臨まないと恥ずかしいというプレッシャーが強いけど、こっちに来ると、完成度が高くないのに堂々と出展している会社がある。ああいうやり方を見ていると、『走りながら考える』という本当の意味がわかったような気がした」と感想を教えてくれました。

こういう場所に来ると、「自分にもできる」という勇気がもらえるのかもしれません。

そして今回、現地に行って初めて知ったのですが、今年は日本からの参加者がとても多かったそうです。例年2~300人しか来ないところを、今年は800人ぐらい来ていたとか(それってオースティン在住の日本人人口よりも多いですよ)!

さらに今年は、以前Twitterが受賞してブレイクするきっかけとなった「インタラクティブアワード」の学生部門を東京大学のチームが受賞するという快挙もありました。

…ということで、今後、日本でもますます注目を集めそうなSXSW…

せっかく地元で開催される大きなお祭りなので、来年は私も時間を作って、積極的に参加してみようかな?・・・と思った次第です。

最後に、SXSWについて紹介する短いビデオを見つけたので貼っておきますね。

こちらは出展していたソニーの体験型エンターテイメントを紹介する動画。

さまざまなセッションの写真を集めたSXSWのインスタグラムのページはこちらです。

↓↓↓

https://www.instagram.com/sxsw/

オースティンの雰囲気も含め、会場の空気を少しでも感じていただければ幸いです。

コメントを残す