円高の影響

LINEで送る
Pocket

皆様、こんにちは!
お元気でお過ごしでしょうか?
私はゴールデンウィークが始まって以来、仕事三昧でしたが、昨日は東京から友人が遊びに来てくれたので、札幌在住の友人とも一緒に、みんなで札幌を回りました。
北海道在住と言っても富良野に住んでいた時期が長かったので、札幌のことはまだまだ知らないことが多くて。
大倉山に上ったり、北海道神宮の桜を見たり、ジンギスカンやいくら丼に舌鼓を打つなど、こちらとしても久々の息抜きをさせてもらいました。
・・・で、夜遅くに帰宅すると、新しい仕事が待っていたのですが・・・。
メールを見てハッとしました。
以前もお手伝いしたことがある仕事の続きなのに、提示された単価が0.5円低い。
この会社は日本の会社ですが、ソースクライアントは欧米の会社なので、為替レートに応じて時々料金が変動します。
あー、円高の影響が出始めた、と思いました。
翻訳のお仕事って、為替の影響を受けやすい仕事ですよね。
特にリーマンの頃は、ひどかった。
たとえばの話、10万円いただいていたお仕事が、分量と仕事の内容は変わらないのに7万円しかいただけなくなるわけですから。
翻訳会社経営者の中には、仕事量を増やして減収を補えばいいんだから、もっと仕事をしてくれっておっしゃる方もいました。
でも、気持ち的には納得いかないですよね。
そう簡単には割り切れない・・・。
モチベーションを維持するのが大変でした。
まあ、当時は倒産に追い込まれる会社も多かったので、仕事がいただけるだけでもありがたいと思うべきだったのかもしれませんが・・・。
・・・あの頃のように、円高が進まないことを祈るばかりです。
あの当時、日本の会社としか取引をしていなかったら、うちも危なかったと思うのですが、取引先を何カ国にもリスク分散していたおかげで、何とか乗り切れました。
・・・それにしても不思議だったのは、イスラエルの会社。
イスラエルの会社だけは、「不況」という言葉が信じられないぐらい、仕事がコンスタントに来ていました。
単価が飛び抜けて高いわけじゃないけど、なぜか仕事が途切れないので、生活がかかっている翻訳者としてはほんとに助かりました。
「ユダヤ人大富豪」って言うぐらいだから、お金が逃げて行かない秘訣があるのかもねえ。
何なんでしょうね。
・・・ということで、今後の経済動向に注目しつつ、新しい仕事に着手したいと思います。

★サイドバーにツイッターを連動させました。時々つぶやいてますのでお気軽にフォローしてください!読者登録(アメーバ)の方もよろしくお願いします。いつも応援ありがとうございます~♪

1件のコメント

  1. ふみ より: 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    新着記事検索していたら記事探していたら着いちゃいました(・∀・)とっても為になることが書いてますね(。・_・。)勉強になりました☆ブログに関してはまだまだ未熟者ですが仲良くしてください!おじゃましました♡

コメントを残す