ハッピータイム・ドライビング・スクール体験記(5)

LINEで送る
Pocket

皆様、こんにちは!
「ハッピータイム・ドライビング・スクール体験記」も、早いもので5回目になりました。
長丁場になっておりますが、お付き合いくださいましてありがとうございます。
さて、前回お伝えしたとおり、緊張の自己紹介を乗り切り、思いがけない歓迎を受けた後・・・
午前中の授業も終わり、待望のランチの時間になりました。
私が注文した「ステーキ・エンチラーダ・プレート」・・・
どんな料理だろう?
エンチラーダっていうのは、名前だけは聞いたことがありました。
メキシコ料理の中では、定番のような存在で、皆さんよく食べているようです。
ただ、私はメキシコ料理は好きですが、個人的にはタコスとかナチョスとかファヒータとか、いわゆる「テクス・メクス」と呼ばれる、メキシコ料理をちょっとテキサス風にアレンジした料理を食べることが多く・・・
エンチラーダというのは、実を言うと、もう10年以上もご無沙汰しておりました。
トウモロコシでできたトルティーヤで具を巻いて、オーブンで焼いた料理だということと、上にどろっとしたソースがかかっているということは知っていましたが・・・
味なんて全然覚えていなかったわけです。
でもまあ、自分では普段注文しない料理を食べてみるのもいい経験、と、楽しみにしていたわけですが・・・。
ウェイターさんが「ステーキ?」と言いながら持ってきてくれた料理は、こんな感じでした。

う~~~ん・・・
確かに先生が授業の始めにおっしゃっていたように、ちょっとちゃっちい・・・。
こちらの料理はボリュームが多いので、「貧弱」ぐらいでちょうどいいのでは、なんて思っていましたが・・・
やっぱりちょっと寂しいかな。
それにビーンズが付いてくるなんて、聞いてなかったなあ。
メキシコ料理の付け合わせのお豆って、見た目は金時豆みたいなのに、味付けが全然違っていて、甘くありません。
・・・ですが、どうしても甘い金時豆の先入観が抜けない私は、まったく甘みのないメキシコ料理のビーンズっていうのは、ちょっと苦手なのです。
しかも、存在感のあるビーンズの横にそっと寄り添う小さいライス・・・何だかお子様ランチみたい。。。
まあ、とりあえず食べてみるかな。
・・・ってことで、エンチラーダをナイフで一口サイズに切り、口に入れたのですが・・・
ん??
ショック!べーっだ!ショック!べーっだ!ショック!べーっだ!
しょ、しょっぱぁ~い(泣)・・・
ペッ!ペッ!!
もう、塩鮭とか筋子とか、塩気の強い食べ物に慣れている私も想像を絶する塩辛さ!!
・・・しかも、このソースってやつが、曲者で・・・。
このまったり感と深みは、チョコレートが入っているような食感。
チョコレートに違いない!
・・・と、思うんだけど、甘くないんですよね・・・。
皆様、ご想像いただけますか?
飛び上がるほどの塩味と、コクのあるカカオソースって・・・。
ミスマッチが絶妙とか言うけど、ここまでちぐはぐなのは・・・反則じゃね?
塩キャラメルは聞いたことあるけど、塩チョコレートってのは知らないよ・・・。
・・・私的にはパスさせていただきたい味でした。
う~~~~ん・・・
周囲を見回すと、もくもくと豆を口に運ぶ初老の白人男性や、半分以上残して、スマホをいじっている若い女性・・・
完食している人、あまりいないなあ・・・
やっぱりドライビングスクールのランチなんて、たかが知れてるってことかな・・・。
・・・などと思っていると、バフェ―のおじさんがお皿にサラダやらタコスやらを盛り付けて、戻ってきました。
同じくバフェ―を注文していた小柄なおばさんも、スイカとかベルギーワッフルにシロップとか、意外にヘルシーなものを食べてる・・・
何かおいしそう。
おばさんに「バフェーにしたんですか?」と聞くと、
「そうなの。おいしいわよ。あっちにいろいろあって、目移りしちゃう」というのです。
そこで、私もお手洗いに立つフリをして、どんな品揃えがあるのか、バイキングを覗きに行くことに・・・。
教室を出て、一般客のテーブルが並ぶスペースを超えて、奥へ進むと・・・
ありました、ありました、バイキング。
遠目から見たバイキングの風景は、こんな感じでした。

そしてさらに近寄ると、次々といろんな料理が・・・。
自分でお好みのタコスが作れる具に、サルサの数々・・・

山盛りのフルーツとか・・・

何か、すごい・・・
高級ホテルのバイキングに負けずとも劣らない、豪華なバイキング!!
・・・いや~~・・・失敗した(泣)・・・。
バフェーのおじさんを見下して、偉そうな発言をしていた自分が恥ずかしくなりました。
おじさん、あなたの選択は正しかった。
すいませんでした。
こんな豪華なバイキングが割引料金で食べられたなんて・・・
私もバフェーにすればよかったよ・・・
今からでも、変えられるものなら変えてぇ~~(泣)・・・
・・・と思ったけど、さすがにプレートとバフェーの両方を頼んでいる人はいなかったので・・・
涙を呑んで諦めました。
くそぉ~~~・・・。
・・・と、バフェーを食べてる同級生を横目で眺めつつ、後半の授業が始まりました。
そろそろ終盤にさしかかってきましたが・・・
続きはまた次回に。

ツイッター⇒@HanaKRansom です。引き続き相互フォロー受付中!読者登録(アメーバ)の方もよろしくお願いします。
いつも応援ありがとうございます!

3件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    記事読ませてもらいました~((o(´∀`)o))他の記事も読みますね☆
    他人のブログを読むのが好きなんです☆
    ブログ更新したので、よかったら読んでみて下さいね(゚∇^*)

  2. akichan より: 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    メキシコ料理ってふつうお皿いっぱいなのに、この小ささは何?って感じですね。それもしょっぱい!?びっくり。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは~!!!!記事読ませてもらいました~((o(´∀`)o))読者になったのでまた来ますね~♪それでは!!

コメントを残す